部則

皇學館大学陸上競技部 部則
第1章 総則
第1条 本部は皇學館大学陸上競技部(以下,本部)と称する.
第2条 本部が皇學館大学内に置く.
第3条 本部部員は皇學館大学(以下,本学)の学生に限る.
第4条 本部の目的は,皇學館大学建学の精神に則り,人格形成,体育の振興を目指し,以て大学教育の一端を担い,皇學館大学の発展に寄与することを旨とする.

第2章 機関
(機関)
第5条 本部に次の機関を置くこととする.
1 総会
2 幹部会議
(総会の構成)
第6条 総会は全構成員により構成される.
(定期総会・臨時総会)
第7条 総会は必要に応じて開催する.また,緊急時,要請があった場合において監督がその必要を認めた場合は臨時に開かれる.
第8条  幹部会議は総会の意志を代表する議決機関であり、第13条に定める役員によって構成される。
(定期幹部会議・臨時幹部会議)
第9条 幹部会は必要に応じて開催される。また監督がその必要を認めた時は臨時に開く。

第3章 役員
(役員)
第10条 本部には次にあげる役員を置くこととする。
1 部長
2 監督
3 主将
4 副将
5 主務
6 会計
7 管理
8 宿泊
9 発注
10 OB連絡
11 集計
12 陸上教室担当
13 その他、必要な役員
(役員の選出)
第11条 役員の選出は次の方法で行なう。
前条1から2は本学より推薦・選出される。
前条3から11は原則として本部の幹部学年より、監督が選出する。
(役員の任務)
第12条 役員は次の任務を果たす。
1 部長 本部を総括し、本部を代表する。
2 監督 本部全体の統括、運営の監督指導を行う。
3 主将 部員を統括し、本部の学生を代表する。
4 副将 主将を補佐し、場合に応じてその職務を代行する。
5 主務 本学学友会との連携、部内の運営に関わる一般事務を行う。
6 副務 学連関係及び他大学との大会業務に関わる一般事務を行う。
7 広報 ホームページの管理をはじめ、本部の活動の情報を発信する。
8 会計 本部における会計事務を行う。       
9 ブロック長 各ブロックを統括・代表する。     
10 東海学連役員 学連員の一員としてその任務を遂行する。
11 その他、必要な役員 それぞれ与えられた業務を行う。
(役員の任期)
第13条 役員の任期は次の通り定める。
第11条1から2は本学の定めるところによる。
第11条3から11は原則として対校戦である東海学生陸上競技対校選手権大会までとする。

第4章 入退部
(入部資格)
第14条 本部に入部できる者は本部の理念及び目的を理解し本則に同意できる者とする。
(入部許可)
第15条 本部に入部を希望する者には一定の仮入部期間を設ける。期間を経て監督の審議のうえ、所定の書類を提出し監督・主将の承認を受け入部が許可される。
(学連登録)
第16条 日本学生連盟の登録は選手の全員がこれを行う。ただし、途中入部の者にはその年の登録ができない場合がある。
(入部金)
第17条 本部に入部する者は、入部金を納入する。
(再入部の不可)
第18条 一度退部した部員は再び部員になることはできない。
(休部)
第19条 原則として本部を休部する事は認めない。ただし、病気・休学等のやむを得ない事情により、監督が承認した場合はこの限りではない。
(退部)
第20条 部員が退部しようとするときには所定の書類にその理由を明らかにし本人において届出を行い監督・主将の承認を受けなければならない。

第5章 大会
第21条 大会に関しては、大会等に関する規定に定める。

第6章 行事
(年間行事)
第22条 本部は次の行事を行う。
      1  幹部交代式
      2  全体強化練習・合宿(春・夏)
      3  卒業生送別会
      4  OB会
      5  その他、必要な行事
(行事への参加)
第23条 原則として、各行事へは本部員全員が参加する。ただし、行事によっては特定の選出された本部員のみの参加とする。各行事へ参加出来ない正当な理由がある場合に限り、監督の承認の下で行事の欠席を許可する。
(正装着用)
第24条 行事には定められた正装を着用する。
(行事日程)
第25条 各行事の日程に関しては監督が決定の上、本部員へ通達する。

第7章 練習
(全体練習への参加義務)
第26条 原則として、全体練習へは本部員全員の参加を義務づけるとともに、決められたトレーニングを実施する。
     平日17時~ 土・日・祝日9時半~ 
ただし、長期休暇中(春及び夏休み期間)の練習時間ついては、この限りではない。
(練習場所)
第27条
 1  通常の練習場所は学校法人皇学館第一グラウンドを利用する。
 2  練習に際してはグラウンドを損傷するような使用は認めない。
(遅刻・欠席)
第28条 全体練習を遅刻または欠席する場合は、事前に各ブロック長へ連絡を入れること。無断欠席は如何なる理由であろうと許されない。
(服装)
第29条 本部員は全体練習に参加するにあたり、競技者らしい清潔で端正な服装を心がける。
(練習における協力)
第30条 練習においては各個人・各ブロックが協力し、特に1年生が中心となってお互いが快適に練習できる環境を整え,最高学年が雰囲気作りを心掛ける。

第8章 会計
(経理)
第31条 本部の経理は部費、入部金、OB会援助金、特定奨学金、臨時費、寄付その他の収入によってこれに当たる。
(会計年度)
第32条 本部の会計年度は4月1日から翌年3月31日の1年と定める。
(部費、入部金の額)
第33条 本部は入部金(4月)及び部費(4月,11月)を徴収する。金額は幹部会議にて決定する。
(臨時費)
第34条 臨時費の額及び徴収方法については幹部会議において決定し、部員から徴収する。
(納付金の不還付)
第35条 すでに納入した部費及び入部金は理由の如何にかかわらず返還しない。
(滞納)
第36条 正当な理由がなく部費を1ヶ月以上滞納し、その後においても納入の見込みがない時は、停部あるいは退部を命ずることがある。

第9章 賞罰
(表彰)
第37条 本部の発展のために特に顕著な貢献をした者は陸上競技部OB会に推薦のうえ、表彰する。
(懲罰・警告)
第38条 部員が次の行為を行った場合、退部、停部など適当な懲罰または警告を行う。
 1  本学ならびに本部の名誉毀損
 2  正当な理由のない欠席、練習の不参加、遅刻
 3  本部の秩序を大きく乱す行為、言動
 4  全体集合への不参加
 5  部費及び入部金の長期滞納
 6  本学学生として明らかな怠業
 7  本則に反する行為
 8  その他、不都合な行為

第10章 雑則
第39条 本則の改正は必要に応じて部長・監督が行う。

付則
この部則は2020年1月1日より施行する。